ライブチャット浸透への課題点を日本と海外を比較し、解説します。

日本のライブチャット事情

ライブチャットで対応をする女性

女の子とブラウザを通じてリアルタイムに会話やエッチなやりとりを楽しめる。
こういったサービスは日本では独自の発展をしてきており、他国よりも充実しています

 

しかし、本来ライブチャットは女の子との会話だけを目的にできたものではありません。
こちらのページでは、世界的に見た日本のライブチャット事情に触れつつ、今後の課題も解説していきます。

 

意外にも遅れている?

メジャーなチャットツール

コミュニケーションツールと言うと、何を思い浮かべますか?
電話にメール、最近ではLINEなども主流でしょうか。
これらはすでに社会に浸透し、誰もが使うものとして認識されているかと思います。

 

しかし、チャットに関してはいかがでしょうか。
思い返してみると、日常生活でチャットツールを使う機会は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

 

これは、日本社会がチャットツールがまだ浸透していないことの表れです。
世界的には、企業への問い合わせへの対応などをライブチャットで行うことはもはや常識になりつつあります。
顧客としては、迅速かつリアルタイムに問題を解決してくれる、という点で手軽でありメリットがあります。

 

企業側としても、顧客の求めているものに素早く対応することで、より的確な提案などができ、即座にコンバージョンにつなげやすくなる、というメリットがあります。
しかし、このようにライブチャットを利用した顧客対応を行っている日本企業はまだ多くありません
その理由は一体どこにあるのでしょうか。

 

一般社会での表れ

日本でライブチャットがそこまで浸透していない理由はいくつかありそうです。
まず一つ目に、「ライブチャット」というワードに対し、アダルトなイメージがまだまだ根強いところが挙げられます。
アダルトがネガティブなものかどうかはさておき、このイメージを避けたいと考える企業が多いのは事実です。

 

二つ目に、日本社会が対面でのコミュニケーションを重視する傾向にあったことです。
この傾向は時代と共に薄れつつありますが、世界的に見れば日本はまだ色濃いでしょう。

良し悪しはともかくとし、古い日本人としての慣習が、新しいものを受け入れにくい環境を作っている可能性は否定できません。

 

ライブチャット浸透への課題

リモートワークが導入され自宅で仕事をする

日本社会も徐々に変わりつつあります。
この度のコロナウイルスの騒動をきっかけに、初めてリモートワークを導入した企業も多いかと思います。
コミュニケーションツールとしてライブチャットを導入する企業はこれから増えていくでしょう。

そこには今までにはない大きなメリットが確実にありますが、そのための課題がまだまだ多いことも事実です。
最大の課題は対応するスタッフの人員確保でしょう。
結局のところ、人員が足りずにリアルタイムな対応ができなくなってしまえば、ライブチャットの利点はほぼ皆無となってしまいます。

また、担当部署が多岐に渡る場合の橋渡しをどうするか、なども挙げられます。
課題はまだまだ多いものの、今後の日本社会において重要なコミュニケーションツールとなるであろう、「ライブチャット」の今後の動向には注目していきたいところです。