ライブチャットでマナー違反と言われることをまとめました。

やってはいけないこと(NG行為)

ヒントを出す男性

 

ライブチャットでやってはいけないことを男性目線から解説しています。
男性はお金を払う立場のため、チャットレディとは違って規約違反でペナルティを受けることはほとんどありません。
ただし、NG行為やマナー違反をしながら使っていると、ブロック・強制退出をされることがあるので注意しましょう。

 

また、ライブチャットは基本的に延長の告知がなく、事前課金したポイントを使い切っても自動延長されて事後請求を受けます。
お金を使いすぎないよう計画的に楽しみましょう。

 

 

男性目線で気になるポイント(よくある質問)を含めて、ライブチャットでやってはいけないことをまとめました。


 

ライブチャットのマナー

ライブチャットでよくあるマナー違反は次の行為があります。

  • 始まってすぐに脱ぐよう要求する
  • 双方向チャット開始時点で自分の下半身を露出している
  • 2ショットチャットで何も言わずに落ちる
  • 女の子に対してネガティブな発言をする
  • 連絡先を聞く
  • 顔出しNGの子に顔出しを強要する

女の子が不快に感じるような言動は全てマナー違反です。
ベテランのチャットレディはマナーが悪い男性ユーザーを上手にあしらってくれますが、行き過ぎた行為をすると強制退出やブロックをされることがあるので注意しましょう。

 

お金を使いすぎる

ライブチャットの料金相場は100~250円/分です。
やり始めると楽しくなってしまいますが、長時間遊ぶと高額な請求が行われます。
基本的に事前課金したポイントがなくなるタイミングを告知する機能はないので、予算と時間を決めて計画的に楽しんでください。

 

仮に1分100円のリーズナブルなライブチャットでも1時間30分楽しめば9,000円の請求を受けます。

 

>>のぞきモードであれば低価格で臨場感を味わえる!

予定していた以上にお金を使いすぎると、ライブチャット中は楽しいやり取りをできても、終わってから虚しい気持ちになってしまいます。
キャンペーンを上手に活用して、限られた予算の中で賢く利用することを心がけましょう。

 

ノンアダルトでHな要求はアリ?

アリかどうか考える女性
ノンアダルト系でも一部でHなやり取りに応じてくれるチャットレディがいます。
ダメ元でHなやり取りを要求するのは悪いことではないですが、男性側としてはHなやり取りを目的にノンアダルトを使うメリットがありません。

 

Hなやり取りをしたいのであれば、最初からアダルト系を使った方が無難ですよ!

 

性器を出すのはNG

ライブチャットは基本的に性器を無修正で露出する行為がNGです。
性器を出す行為を黙認している所もありますが、大手系は性器の露出に対して厳しい取り締まりをしています。

 

特にパーティーチャットでは一部の男性ユーザーが通報することがあり、参加者が多いチャットルームは運営が監視を強化しています。
性器の露出を求める場合は、中堅ライブチャットサイトの2ショットチャットを活用するとよいでしょう。